「かがわICTまちづくりアイデアソン2016」を開催しました!

2月 14th, 2017 by ryosuke takata No comments »

M2の高田です.

遅くなりましたが,2月4日(土)に「かがわICTまちづくりアイデアソン2016」をe-とぴあ・かがわにて開催しました!八重樫研は開催をお手伝いさせていただきました.

テーマは「想像もできないかがわを創造しよう」です.

誰もが香川を訪れ住みたくなる.何より自分たち自身が誇れるまちを創るためのアイデアをICTを手段に考えるアイデアソンでした.

参加者の方からは,「楽しかったよ」,「新しい刺激になる」,「普段かかわらない人との交流ができた」など,多くのコメントをいただき,私自身実行委員会のスタッフでしたが,開催することができて,本当に嬉しく,楽しく,良かったと思います.

開催にあたり,実行委員会のみならず,香川大学地域連携戦略室,香川大学工学部,香川大学総合情報センター,情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ),富士通グループ,株式会社STNet,株式会社コヤマ・システム,株式会社テリムクリ,リコーグループ,香川県,高松市,かがわ情報日推進協議会,香川県情報サービス産業協議会,非常に多くの方々のご協力をいただきました.

この場を借りてお礼申し上げます.ありがとうございます.

来年以降も継続しておこないたいと思います!

第100回グループウェアとネットワークサービス研究会で発表を行いました

2月 8th, 2017 by kumanon No comments »

M2の熊野です.

2017/1/20(金)~2017/1/21(土)に香川県小豆島で開催された

第100回グループウェアとネットワークサービス研究会

にて,研究発表を行いました.

発表タイトルは「観光の振り返りを支援する観光日記生成/印刷システムKaDiaryの開発と運用」

です.

久しぶりの学会発表+初めての研究会でしたが,落ち着いて発表できました.観光情報学で有名な先生の研究発表も聞くことができて,有意義な時間を過ごせたと思います.卒業まで残り約2ケ月となりましたが,学会発表を2回控えているので,これからも研究活動に注力していきたいです.

「RICOH Value Presentation2016@大阪」 にてカダポスの講演・展示を行いました

11月 8th, 2016 by ryosuke takata No comments »

M2の高田です.

11月1日(火),2日(水)に,RICOH Value Presentation 2016@グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)にて,八重樫先生の講演およびカダポスの展示をおこないました.

https://www.ricoh.co.jp/vpre/osaka/

非常に多くの方が来場されており,カダポスの展示を見ていただけました.

東京での展示と同様,多くの方に興味をもっていただき,とても嬉しかったです.

展示を見ていただいた皆さま,ありがとうございます.

今後も頑張ります!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_003 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001_1

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000_1 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002_1

「観光日記生成/印刷システム「KaDiary/カダイアリー」」の実証実験が終わりました.

11月 7th, 2016 by rihito No comments »

八重樫です.

小豆島ふるさと村にて実施していた「観光日記生成/印刷システム

「KaDiary/カダイアリー」」の実証実験が終わりました.

ご協力いただきました皆様,この場をお借りしてお礼申し上げます.

多くの方に喜んでいただき,やってよかったなと思いました.

カダイアリーだけでなく,今後もいろいろなシステムを開発して参ります.

ご期待ください.

%e5%86%99%e7%9c%9f-1

「RICOH Value Presentation2016 大阪」 にてカダポスの講演・展示をおこないます.

10月 28th, 2016 by rihito No comments »

八重樫です.

RICOH Value Presentation2016 大阪 にて,カダポスの講演・展示をおこないます.

詳細について以下をご覧ください.

RICOH Value Presentation2016 大阪

「香川大学工学部オープンキャンパス」で研究展示をおこないます.

10月 28th, 2016 by rihito No comments »

八重樫です.

10/29に香川大学工学部でオープンキャンパスが開催されます.

八重樫研は,広告表示プリンタシステム「KadaPos/カダポス」と,

観光日記生成/印刷システム「KaDiary/カダイアリー」を展示します.

システムのデモもおこないます.お時間ある方はぜひ工学部にお越しください.

 

img_2360 img_2359

小豆島で「観光日記生成/印刷システム」の実証実験をおこないます.

10月 28th, 2016 by rihito No comments »

八重樫です.

小豆島で観光日記生成/印刷システムの実証実験をおこなっています.

詳細については以下ををご覧ください.

 

「瀬戸内国際芸術祭2016」香川大学提案プロジェクト事業 観光日記生成・印刷システム

「KaDiary/カダイアリー」サービス開始について

 

また実証実験についてRNC西日本放送でとりあげてもらいました.

 

観光地で”ダイアリー” 小豆島

 

11/6まで小豆島ふるさと村にて実施します.

ぜひお越しください.

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

「ビジネス香川」に八重樫研究室が取り上げられました.

10月 1st, 2016 by rihito No comments »

八重樫です.

「ビジネス香川」に八重樫研究室が取り上げられました.

http://www.bk-web.jp/2016/0901/mirai.php

http://www.bk-web.jp/2016/0902/mirai.php

ぜひご覧ください.

「平成28年度卒業論文中間発表会」が開催されました.

10月 1st, 2016 by 岡田 No comments »

B4の岡田です.

2016/9/29(木)に「平成28年度卒業論文中間発表会」が行われました.
八重樫研究室B4は,以下のテーマで発表を行いました.

1.岡田 直也:ICT 機器操作モデルを用いた香川大学型IT教卓システムの操作簡易化手法の提案

2.富田 弘志:講義資料への手書き注釈を共有するノート共有システムの開発

3.山本 和也:野外美術館における作品情報提示システムの利用ログを用いた鑑賞行動分析手法の提案

 

B4の岡田です.発表は事前の練習のおかげで前より落ち着いて発表を行うことができました.
質疑応答はきちんと返答ができず,研究に対する理解不足を感じました.引き継ぎの研究であることを意識し,自分だけの研究ではないという責任を持って研究を行っていきます.
今回の中間発表を次の発表に活かして精進していきたいです.

 

B4の富田です.発表については練習の成果もあり,聞き取りやすく話せたと思います.
質疑応答に関しては,自身がしっかりと理解していない部分がまだまだあり,うまく答えることができませんでした.
今より主体的に研究に取り組んでいくことで,より安定した発表ができるようにしていきたいです.

 

B4の山本です.発表については少し練習が足りなかったように感じます.
質疑応答に関しても正確に答えられませんでした.
今回の反省を活かし,より深く研究を行い,より良い発表ができるようにしていきたいです.

 

%e5%b2%a1%e7%94%b0   %e5%af%8c%e7%94%b0   %e5%b1%b1%e6%9c%ac

「平成28年度修士論文中間発表会」が開催されました

10月 1st, 2016 by ryosuke takata No comments »

M2の高田です.

2016/09/30(金)に修士研究中間発表が行われました.

M2の3人が以下のテーマで研究発表を行いました.

○ 許亮:『機能追加によるユーザ操作の変更からシステム変更による影響を予測する手法の提案』

○ 熊野圭馬:『観光日記生成/印刷システムの開発と観光日記を用いた観光行動分析の提案』

○ 高田良介:『地域情報を発信する広告表示プリンタシステム「KadaPos/カダポス」の開発』

以下,感想です.

○ 許亮

日本語でプレゼンテーションをはじめて行いました。

今回の発表の感想は、質疑応答でうまく回答することができなっかったので、

次回の発表ではしっかり回答できるように頑張りたいと思います。

外国人として、これから日本語やコミュニケーション能力を成長しながら、

修士論文もしっかり進めていきたいと思います。

○ 熊野圭馬

しっかり発表することができました.

私の研究は実証実験を控えておりますので,

今後は,実証実験に向けた準備を行いたいと思います.

○ 高田良介

発表も質疑も満足のできる内容でした.

先生方から,貴重なコメントをいただけたので,

残り半年ありませんが,学生生活も楽しみながら,

修士論文としてしっかりまとめたいと思います.

 

p1020075_1

p1020081_1

p1020093_1