Archive for 2017年3月

「2016年度JSiSE学生研究発表会(四国)」で研究発表をおこないました

3月 15th, 2017

B4の富田です.

2017/03/03に香川大学で開催された
「2016年度JSiSE学生研究発表会」で研究発表をおこないました.

八重樫研究室からはB4の2名が以下のテーマで発表をおこないました.
○岡田直也:教員のICT機器操作のモデル/パターンの生成手法と自動化の検討
○富田弘志:講義コンテンツを用いた学習における学習特徴の抽出-学習パターン・注目コンテンツ/場面の抽出-

・(岡田)
去年は自分が聴く側として参加したJSiSE学生研究発表会に,今年は発表をする側として参加できて嬉しかったです.
今回は初めて15分間の発表ということで,いつもより緊張し早口になり発表時間を余らせて終わってしまいました.
これからもっと色々な経験を積んで,緊張を少しでも和らげていきます.

・(富田)
卒業研究発表会の後に発表したので,あまり緊張せずに発表することができました.
発表時間が15分間だったこともあり,落ち着いて丁寧に説明することができて満足しています.
学生生活最後の発表の場だったので,賞を獲れなかったのは残念でしたが,貴重な経験ができたため嬉しく思っています.

インタラクション2017で研究発表/システムデモを行いました

3月 9th, 2017

M1の宮川です.

2017.03.02(木)-04(土)に明治大学中野キャンパスで開催された
インタラクション2017」にて,「「KaDiary/カダイアリ―」:観光日記生成/印刷システム」の
研究発表とシステムデモを行いました.

インタラクティブ発表はデモを重視する発表形態で,当日まで準備等不安な部分もありましたが
無事にデモを交えながら発表することができました.
また,たくさんの方がブースを訪れ,カダイアリーに興味を持ってくださいました.
ありがとうございます.今年度中あと2回の発表を含め,今後も観光支援システムに関する研究をがんばっていきます.

「平成28年度卒業論文発表会」が開催されました

3月 3rd, 2017

B4の山本です.

2017.02.28(火)に平成28年度卒業論文発表会が開催されました.

八重樫研究室B4は,以下のテーマで発表を行いました.

○岡田 直也 : 教員のICT機器操作の モデル/パターンの 生成手法と自動化の検討
○富田 弘志 : 講義コンテンツを用いた学習における学習特徴の抽出
○山本 和也 : 観光日記生成/印刷システム「KaDiary/カダイアリー」における画像認識技術を用いた位置情報取得機能の検討

以下,3人のコメントです.

・(岡田)
学部生での最後の学内発表ということで緊張しましたが,練習通り発表できたと思います.時間もほぼ7分だったので良かったです.
質疑応答は考えをうまくまとめることができず,悔いの残る結果になってしまいました.
八重樫先生,共同研究先の皆様,そして研究室の皆様のおかげでここまで研究することができました.
今回の発表を活かして,今後の発表や研究に尽力していきたいです.

・(富田)
発表練習をしている時は,発表を時間内で収めることや,簡潔な言葉で上手く説明できるか不安でした.
ですが,発表本番では適度な緊張感を持ち,無事にやり遂げることができました.
これもすべて八重樫先生や八重樫研究室の皆様のおかげです.本当にありがとうございます.
学生生活最後の研究発表の場であるJSiSEに向けて,最後まで気を引き締め,全力で取り組んでいきます.

・(山本)
今回が学生生活最後の発表で短い発表時間のなかでこれまでの研究について発表できるか緊張しましたが,無事に発表を終えることができました.卒業後も,研究室での経験を活かしていきたいと思います.