「平成28年度修士論文発表会」が開催されました.

2月 28th, 2017 by admin Leave a reply »

M2の高田です.

2017.02.27(月)に平成28年度修士論文発表会がおこなわれました.

八重樫研究室M2は,以下のテーマで発表を行いました.

○ 許 亮:「機能追加によるユーザー操作の変更からシステム変更による影響を予測する手法と手法に基づくツールの開発」
○ 熊野 圭馬:「観光日記生成/印刷システム「KaDiary/カダイアリー」の開発と観光日記を用いた観光行動分析」
○ 高田 良介:「広告表示プリンタシステム「KadaPos/カダポス」の開発と実運用による評価」

以下,3人のコメントです.
・(許)
留学生として,香川大学大学院八重樫研究室に入って以来,八重樫先生や研究室の皆様から,
色々お世話になっておりました.今回の修士論文や修士論文発表をすることで,先生や研究室の友達から
たくさんの意見やコメントを頂きまして,修士の最後まで順調に進んでいくと思っています.
これからの情報処理学会を発表するため,また頑張りたいと思います.

・(熊野)
学内では最後の発表になりました.最後にふさわしい態度と内容で発表できたと思います.
今後は研究の引継ぎを行いつつ,3月に控えている国際会議,国内学会に向けて,
準備を進めていきたいと思います.

・(高田)
大学院に進学し,あっという間の2年間でした.
八重樫先生はじめ研究室の皆さまのご指導があり,素晴らしい研究にすることができました.
カダポスは,開発においても運用においても,非常に多くの方々のご協力を頂きました.
この場を借りてお礼申し上げます.本当にありがとうございます.
発表は良い緊張感でおこなうことができました.
あと2回学会発表があるので,しっかりと発表します.

Advertisement