「平成30度電気関係学会四国支部連合大会」で研究発表を行いました.

9月 22nd, 2018 by UchidaKazuki Leave a reply »

B4の内田です.

2018/9/22(土)に愛媛大学城北キャンパスで開催された

「平成30度電気関係学会四国支部連合大会」で八重樫研からは,
以下の3件の研究発表をおこないました.

1.内田一希:観光者満足度を高める移動手段を考慮した観光ルートを推薦する観光ガイドブック自動生成印刷システム「KadaTabi2/カダ旅2」の提案

2.礒野友亮:ゲーミフィケーションによる防犯ボランティア活動活性化を目指した防犯ウォーキングアプリ「歩いてミイマイ」の機能デザイン

3.木ノ上稔:双方向型学習を支援する講義コンテンツ視聴システムの開発-質問行動を促すチャットボット機能の提案-

以下,発表者の感想です.

・内田
初めての学会発表で発表前は緊張していましたが,うまく発表できたと思います.まだまだ研究分野について学ばなければならないこともありますが,今回の経験を活かして,今後に繋げていきたいと思います.

・礒野
無事発表を終えることができましたが、本番直前まで発表資料が完成していなかったりなど、かなり準備が遅れてしまっていたので、次回以降は気を付けたいと思います。

・木ノ上
初めての発表でしたが堂々とおこなうことができたと思います.しかし、先生への報告不足などにより直前まであわててしまいました.この反省をいかして次回は万全の状態で臨みたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertisement